シェアハウスにはこんなタイプがある

若い世代を中心に高い人気を誇るシェアハウスは、今、40代くらいの年齢の方々も注目する物件となっています。

一般的に年齢制限を付けているシェアハウスも多いのですが、最近は年齢制限を設けず、幅広い年齢層の方が一緒に暮らす物件も多くなっています。

シェアハウスの専門ジャーナル』では高田馬場で増えているシェアハウスについて述べられていますが、それと同じように豊島区にも立地条件のいい場所にあるシェアハウスが増えてきています。

もともと一般住宅だった物件を改修しシェアハウスに作り替えたという物件も多いので、商店街に近かったり、通勤通学に便利な場所だったりと、立地条件のいい物件も多数あるのです。

豊島区で賃貸を探す場合に、シェアハウスという暮らし方も選択肢に入れるのなら、シェアハウスのタイプを知っておくと比較検討の際に便利です。

まず、一戸建て住宅タイプです。

もともと一戸建てだった住宅をシェアハウスに作り替えた物件で、家族向けの広いリビングや、使い勝手のいいキッチンがあるのも特徴です。

プライベートルームにはもちろん、鍵が設置され、プライベート空間としてしっかり守られています。

シェアハウスとして新しく建てられた物件の場合、デザイナーズ物件もあり人気が高いです。

大勢で気持ちよく共用できるように、広々したリビングがあり、キッチンも多数の方が利用していいように、シンクが広い、複数あるなど工夫されています。

プライベートルームにそれぞれミニキッチンが設けられているという物件もあり、幅広い年代に人気です。

最後に、もともとあった物件をリノベーションしたシェアハウスがあります。

例えば元学生専用の施設だったり、社宅として利用していたという物件をリノベーションし、シェアハウスとして使いやすいものに作り替えられています。

こうしたシェアハウスのタイプを知ってから物件を探してみると、その物件の特徴なども見えてきて、比較検討しやすいです。